© 2017 by Namah Shivaya Yoga Trust All Rights Reserved

チャクラ・ヨーガとヒーリング

by Acharya Tej

チャクラとはサンスクリット語で「車輪」を意味し、微細な体のエネルギー中枢の役割があります。

 

ヨーガの科学では、カラダを肉体、アストラル体(微細体)、コーザル体(原因体)の3つに分けて捉えます。チャクラはアストラル体に内在し、肉体では神経が集まる神経叢に対応しています。具体的には背骨に沿って、脊椎の基底部、仙骨、太陽神経叢(おへそのやや上)、胸の中心、喉の中心、眉間、頭頂です。

 

全ての感情や思考の過程はアストラル体で行われます。もしエネルギーがスムーズにナディ(エネルギーのチャンネル)を流れていれば、感情的に落ち着き、自信を持つことができます。もしエネルギーが塞がっていると、心配事や怒りや落ち込みを経験します。

 

私たちの生きる現代の生活習慣のために、チャクラのうちにあるエネルギーが滞り、塞がってしまうことがよくあります。これらの主な原因はストレス、運動不足、食の乱れ、タバコやアルコールの摂取、夜更かし、人間関係のトラウマ、遺伝的な病気などです。

 

チャクラ・ヨーガの実践により、チャクラのうちからエネルギーの詰まりを解放する様々なテクニックを学びます。例えば、チャクラの瞑想、チャクラにある花弁を使ったヴィジュアリゼーション、ビージャマントラのジャパ瞑想、アロマセラピー、癒しの音、ヨーガのアーサナ(運動)、呼吸法です。これにより、エネルギーの詰まりを浄化して、チャクラを開き、健康に生きる感覚と落ち着きを取り戻し、思考は整理されて明晰になり、活力を増強し、他人への慈悲の心を持ち、より高等なスピリチュアルな理解がもたらせるでしょう。

 

チャクラは常に開いたり閉じたりしながら常に調整されています。体のエネルギーの状態は常に変わり続けています。

 

ヨーガの呼吸法では、吸っている間に脊椎の基底部から頭頂へとエネルギーを引き上げ、息を吐いている間に頭頂から脊椎の基底部へとエネルギーを流します。

ヒーリング・セッション

 

チャクラ・ヒーリングは、オーラを使ってヒーリングを受ける方のチャクラを開いていきます。

ヒーリングは、うつ伏せのリラックスの状態で行います。手のひらを使い、身体に触れることなくプラーナ(エネルギー)の流れを調整します。視覚化(ヴィジュアリゼーション)、マントラ、癒しの音を組み合わせながら、滞っているエネルギーの流れを開き、ヒーリングをもたらします。

 

多くの方がセッションを受けられ、感情を手放したり幼少期からのトラウマを解放する体験を語っています。塞がったエネルギーを解放する時に、様々な光やイメージが出てくることもあります。

 

  • 45分:4500 INR

  • 15分カウンセリング(日本語で可)、30分ヒーリング

  • ​週一回程度で3〜4回行うと深いヒーリングを経験できます