© 2017 by Namah Shivaya Yoga Trust All Rights Reserved

Please reload

Recent Posts

《オンラインLiveクラス》4月クラス開講!

March 30, 2020

1/10
Please reload

Featured Posts

全米ヨガアライアンスとは?

November 17, 2017

ヨガの資格をする際に、

一つの基準となっている「全米ヨガアライアンス認定」について

ご説明いたします。

 

実際に

 

「全米ヨガアライアンス」って何?

 

 

 

 

 

 

ヨガアライアンスとは、質の高いヨガの先生を社会へ送り出すために

約20年前にアメリカに設立された団体です。

全世界でも認められている認定団体です。

 

全米ヨガアライアンスは、まずヨガの資格を出すヨガスクールやスタジオを精査して、認定証を出します。

その際に、全米ヨガアライアンスが設けた基準で

ヨガの先生が学んでおくべき項目がカリキュラムに含まれているか等の厳しい精査と確認されます。

認定されるとそのスクールは、Registered Yoga School (RYS)と呼ばれます。

 

認定証は2種類あり、RYS200, RYS300(合わせてRYS500)です。

数字は、資格を取得するために学ぶ時間を表し、

200時間は基本のプログラム、次の300時間がさらに経験を積むためのプログラムとして

二段階でカリキュラムを分けています。

 

ヨガスクールには、RYS200だけもあれば、

200時間と300時間の両方のプログラムも提供できるスクールRYT500があります。

 

それでは、

認定されたスクールを卒業した人はどうなるのか?

 

「全米ヨガアライアンス」に登録する権利を得られます。

200時間を卒業した人なら、RYT200 (Registered Yoga Teacher 200),

次のレベルの300時間を卒業した人なら、200と300を合わせて、RYT500(Registered Yoga Teacher 500) となります。